NEWSNEWS

    KURAKATA+AP
    建築の都「大阪」バーチャルツアー—船場を歩く

    レトロ建築の密度が最も濃い「堺筋」と「御堂筋」の間を、歩くようにお話しします。大阪は南北に走る道を「筋」と呼びます。東西の道を「通り」と言います。筋ごとに特徴があり、通りごとに個性があります。出発点は《生駒ビルヂング》、堺筋に面した昭和初期のアール・デコの名品です。隣り合う大正時代の建築《伏見ビル》と《青山ビル》まで、まずは進みましょう。途中の名建築も紹介しながら。
    その近くには《高麗橋ビル》と《日本基督教団浪花教会》も並んでいます。それぞれ辰野金吾とヴォーリズが関わった建築です。《愛珠幼稚園》は、明治に建てられた重要文化財の園舎です。《日本生命保険総合会社本館》は、昭和初期からの日本を代表する企業の本社ビルです。大きさも様式も異なる建築が共存して、大阪の心臓・船場はできています。

     

    写真、資料、ストリートビューなどを通して、街の中での外観を眺め、内部をめぐる、Zoomを使ったインタラクティブなバーチャルツアーです。
    時代ごとの建築の特徴と物語を踏まえながら、今、この2020年に近代建築が大阪で生きているありようをご理解いただけると思います。

     

    開講日の1~2日前に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。受講いただいた方は、当日の視聴の有無に関わらず、開講日の翌日に新しくお送りするURLから、その回の動画を開講日の1週間後まで繰り返し視聴いただけます

     

    • 日付
      date
      2020.8.23(日)11:30〜13:00 (1週間後まで何度でもご覧いただけます)
    • 集合場所
      meet
      申込者にはZOOMのリンクをお知らせします
    • 参加費
      price
      2800円
    • ナビゲーター
      navigator
      倉方俊輔