NEWSNEWS

    オープンしなけん
    [10]東急池上線戸越銀座駅

    1927年に開設されて以来、約90年間使われた初代駅舎は、2016年に同じく木造による2代目駅舎に生まれ変わりました。木造シザートラス構造と鉄骨フレームが併用されたホーム屋根が特徴です。使われているのは東京・多摩産の木材で、二酸化炭素総排出量の削減や山の保全整備に貢献しています。地元住民が参加したワークショップを通じ、ベンチの裏側やサインボードに初代駅舎へのメッセージが残されています。

     


     

    【レクチャー付きガイドツアー】*要申込

    地元住民の意見を取り入れながら生まれ変わった駅舎について、担当者の横山太郎氏(東急電鉄(株)鉄道事業本部工務部施設課主事)が荏原第三地域センターでレクチャーを行い、その後駅舎に隠されたデザインをお教えします。

    [10] 13:30-15:00

     

    【公開】*申込不要

    列車の運行時間中[初電〜終電]

    *駅構内に入るときは入場券が必要になります。

     

    *ツアーのお申し込みは往復はがきのみにて受け付けております。Peatixやメールでは受け付けておりません。(申込期限:2月22日必着)

     

    *詳細・お問い合わせについては品川区ホームページをご覧ください。東京建築アクセスポイントは本イベントに関しての問い合わせは受け付けておりませんので、ご了承ください。

    • 日付
      date
      2019.03.09(土)13:30-15:00
    • 集合場所
      meet
      荏原第三地域センター(平塚1-13-18)
    • 参加費
      price
      無料
    • 定員
      capacity
      レクチャー付きガイドツアー 10名(往復はがきにて事前申込)
    • ナビゲーター
      navigator
      横山太郎氏(東急電鉄(株)鉄道事業本部工務部施設課主事)