NEWSNEWS

    TOUR & LECTURE
    夜の中銀カプセルツアー vol.2

    夜になると、丸窓に明かりが灯るのはわずか数カ所になります。

     

    「中銀カプセルタワービル」(1972)は黒川紀章が設計した「メタボリズム建築」の代表格とされています。「メタボリズム」とは1960年代に世界を席巻した日本発の建築運動の名称で「新陳代謝」を意味しています。社会の変化に応じて有機的に成長する都市や建築を構想し、当時の気鋭の建築家菊竹清訓、磯崎新、槇文彦らが様々な提案をしています。

     

    本ツアーは「メタボリズム建築とは何か」を学ぶ基本編とし、中銀カプセルタワービルの居室内にて資料をお見せしながら「メタボリズム」についての基本的なレクチャーを行います。

     

    居室はたったの10㎡ですので、定員は5名です。みなさまのご参加をお待ちしております。

    • 日付
      date
      2017.08.23. (水) 18:30-20:00
    • 集合場所
      meet
      中銀カプセルタワービル コンビニ「ポプラ」前
    • 参加費
      price
      一般3800円 / 学生3000円(保険料、資料代込)
    • 定員
      capacity
      5名
    • ナビゲーター
      navigator
      和田菜穂子