NEWSNEWS

    TOUR
    「3つの聖」:聖橋、ニコライ堂、湯島聖堂

    聖橋(1927年)は建築家山田守が設計した、美しい放物線を描く鉄筋コンクリート造のアーチ橋です。聖橋長寿命化工事を終え、2018年に土木学会選奨土木遺産に認定されました。聖橋の名前の由来は、神田川の両岸にある二つの聖から名付けられました。一つは「ニコライ堂」こと「東京復活大聖堂教会」、もう一つは「湯島聖堂」です。ニコライ堂はロシアの建築家ミハイル・シチュールポフが原設計を行い、ジョサイア・コンドルが実施設計を担当。1891年に竣工した、ギリシャ十字形のプランを持つビザンチン様式の聖堂です。関東大震災により鐘楼などが焼失したため、岡田信一郎によって修復が行われました。「湯島聖堂」の歴史は古く、1690年に徳川綱吉によって建てられた孔子廟から始まりました。しかし関東大震災で焼失してしまい、いまの大成殿(孔子廟)は伊東忠太によって鉄筋コンクリート造として再建されたものです。本ツアーでは「3つの聖」を巡り、御茶ノ水界隈を散策します。

    • 日付
      date
      2018.3.3(土) 13:00-16:00
    • 集合場所
      meet
      JR御茶ノ水駅聖橋口
    • 参加費
      price
      一般3500円、AP会員3000円、学生3000円
    • 定員
      capacity
      15名
    • ナビゲーター
      navigator
      和田菜穂子