TOUR

村野藤吾の茶室《グランドプリンスホテル新高輪》ランチ付きツアー

2018.06.04
http://accesspoint.jp/reports/%e6%9d%91%e9%87%8e%e8%97%a4%e5%90%be%e3%81%ae%e8%8c%b6%e5%ae%a4%e3%80%8a%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab%e6%96%b0%e9%ab%98%e8%bc%aa/

日時:2018年6月4日(月)10:00~14:00

見学場所:グランドプリンスホテル新高輪 「和室 秀明」「和食 清水」「茶寮 惠庵」

参加者:4名

ゲストナビゲーター:佐藤健治(元村野・森建築事務所所員)

企画:和田菜穂子

 

*****

ゲストナビゲーターに元村野・森建築事務所所員の佐藤氏をお招きし、数寄屋建築の名手が手掛けた二つの茶室「和室 秀明」「茶寮 惠庵」を中心にグランドプリンスホテル新高輪のデザインディテールを散策しました。参加者の皆さんは熱のこもった佐藤氏の解説に真剣に耳を傾け、熱心にメモをとっていました。

 

何よりも驚きなのは、村野が老境に達し、90歳を超えてからの作品ということです。他界する直前まで現役だったとはいえ熟練した村野の手仕事は、年を重ねたゆえなのか、なんとも艶っぽいのです。ぬくもりを感じさせる触覚や、陰影のある造形、意外性のある素材の組み合わせなど遊び心満載です。ディテールをとことん追求する姿は、真の職人気質の造り手といえます。そして知らず知らずのうちに、私たちは彼が到達した独自の世界観に引き込まれてしまうのです。

 

ランチは村野の知られざる建築の美しさが残るレストラン「和食 清水」の個室でいただきました。豊穣な空間で建築談義に花を咲かせ、舌も目も、身体全体で村野建築を堪能した1日でした。

 

ところで、私はまだ初心者の域を超えていませんが、細々と茶道を習っています。村野はもちろんですが、かつての文化人・教養人は茶道を嗜むのが当たり前でした。茶道は総合芸術といわれています。茶道具、美術品、四季にちなんだ花、そこでのふるまいなど奥が深く、日々勉強です。茶室空間を真に理解するには、茶の湯の奥義を学ぶ必要があると思っています。

企画:和田菜穂子