TOUR

建築七福神ツアー 〜上野芸術鑑賞〜

2019.01.20
http://accesspoint.jp/reports/%e5%bb%ba%e7%af%89%e4%b8%83%e7%a6%8f%e7%a5%9e%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%80%80%e3%80%9c%e4%b8%8a%e9%87%8e%e8%8a%b8%e8%a1%93%e9%91%91%e8%b3%9e%e3%80%9c/

日時:2019年1月20日(日)13:00-16:00

見学場所:7つの建築(下記参照)

参加者:9名

ナビゲーター:和田菜穂子

 

*****

毎年恒例の新春企画。企画者の和田が勝手に縁起の良さそうな建築を7つ選んで巡るツアーです。今年は上野エリアで芸術鑑賞を目的としました。

 

1、東京国立博物館本館(渡辺仁設計、1938年開館)

干支のイノシシの特別展示をみました。

 

2、東洋館(谷口吉郎設計、1968年開館)

スキップフロアの内部を大急ぎで巡りました。

 

3、法隆寺宝物館(谷口吉生設計、1999年開館)

水辺が美しい建物です。展示の工夫や建築家の徹底したこだわりにも注目しました。

 

4、旧奏楽堂(山口半六、久米正道設計、1890年開館)

チェンバロのコンサートを聞きました。

 

5、旧博物館動物園駅(中川俊二設計、1933年開業)

道路からうさぎのインタレーションを覗きました。当日券の見学チケットはわずか1時間足らずで完売していました。

 

6、国立国際子ども図書館(久米正道設計、1906年、安藤忠雄改修・アーチ棟新築2015年)

3階の展示室周辺を巡りました。「赤い鳥」の絵本展示の他、スペイン人アーティストのホセ・マリア・シシリアによる東北の子どもたちに関する展示もみました。

 

7、東京芸術大学陳列館(岡田信一郎設計、1929年開館)

トム・ヘネガン退任展、北川原温退任展。トムにお願いして私たちのツアーのために特別に展示の解説をしてもらいました。なんと、1976年トムがまだAAスクールの学生だった頃、シマシマのジャケットを着てプレゼンテーションする秘蔵映像がありました。若い時のトムは今よりかなりキレキレな感じで、カッコよかったです。

 

ここで時間切れ。3時間で7つの建築を巡るのは予想以上にハードでした。芸大美術館の前で解散しましたが、この建物は先日逝去された六角鬼丈氏の設計です。

 

今日は退任展最終日でしたので、午前午後と芸大周辺で多くの建築関係者にばったり会いました。「建物七福神巡り」にはもってこいの散歩日和の快晴でしたね〜。

 

企画・レポート:和田菜穂子