TOUR & LECTURE

中銀カプセルでメタボリズム建築を学ぶ基礎編 vol. 10

2017.10.25
http://accesspoint.jp/reports/%e4%b8%ad%e9%8a%80%e3%82%ab%e3%83%97%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%81%a7%e3%83%a1%e3%82%bf%e3%83%9c%e3%83%aa%e3%82%ba%e3%83%a0%e5%bb%ba%e7%af%89%e3%82%92%e5%ad%a6%e3%81%b6%e5%9f%ba%e7%a4%8e%e7%b7%a8-vol-10/

開催日:2017年10月25日(土)

見学場所:《ニュー新橋ビル》、《静岡新聞・静岡放送東京支社》、《中銀カプセルタワー》

参加者:1名

ナビゲーター:和田菜穂子

 

*****

急にキャンセルが出たので、なんと参加者1名のみ。マンツーマンで楽しいツアーができました。というより、友達とのお出かけのような感覚で、私自身も大いに楽しみました。

 

平日だからこそじっくり楽しめる「ニュー新橋ビル」。毎回何かしら新しい発見があります。今回は初めて「喫茶カトレア」に侵入。ほとんどのお客が男性です。分煙されていないので、タバコの煙が気になりましたが、それさえ気にしなければ店内は窓からの光が降り注ぎ、白を基調としたインテリアで、明るい空間になっています。外壁のコンクリートグリッドが直にみれるのが見どころです。サンドイッチも美味しくいただきました。椅子もなんだかアルネ・ヤコブセンのエッグチェアのミニ版のようで、親しみが湧きました。

レポート:和田菜穂子